【注意!】結婚式ダイエットでやってはいけない3つのこと

一生に一度、綺麗になってみんなの前に出たい結婚式。そのために極端なダイエットに走る女性も多いのではないでしょうか?ですが、間違ったダイエットは結婚式に悪影響を及ぼすこともあります。

今回は、花嫁を卒業した私が感じた結婚式でやってはいけないことをお伝えいたします。

 

体型を気にしてご飯を抜く

結婚式当日、綺麗なドレス姿で立ちたいといった思いから、体重を落とす、もしくは細くなるためにご飯を抜いてしまう方も多いと思います。ウェディングドレスは1カ月ほど前までに決めて、その時の体型に合わせてサイズを合わせたり、お直しをしてもらいます。ところが、この1か月前の体型にサイズを合わせるため、それ以降体重が極端に落ちてしまうと、最終フィッティングで試着をした際にぶかぶかに・・・なんてことがあります。もし仮に大幅にダイエットをしたいのであれば早めに行い、お直しに出すときからあまり体型を変えないようにすることがベストです。またご飯を抜いてしまうと、体力や免疫力が落ちてしまい、風邪を引きやすくなってしまうこともあります。結婚式の準備で疲れも出やすい時期であるため、バランスの良い食事を心がけましょう。

ストレスから暴飲暴食

結婚式の準備などでストレスが溜まったり、極端なダイエットで空腹で我慢できず暴飲暴食に走ってしまうケースがあります。暴飲暴食は、リバウンドしてしまう危険があるので、避けたほうが良いでしょう。体を動かしたり、友達に話を聞いてもらうなどしてストレスを発散させることがベターです。もしストレスの原因が旦那さんにあるのであれば、しっかりと気持ちを伝えて話し合いすることも必要です。体はもちろん、心の健康のためにもストレスをため込まないようにしましょう。

夜遅くまで結婚式の準備をする

 

睡眠不足は美容の敵です。「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれている夜22時~2時に睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が活発になり、肌にも影響します。睡眠不足が続くと、肌のくすみやクマ、肌荒れの原因にもなり、疲労が溜まりやすくなります。私も結婚式前日に夜遅くまで準備をして、当日は少々寝不足の状態で迎えてしまい、肌の調子が悪く少々後悔しています。準備はなるべく早く、計画的に行いましょう。

まとめ

今回は、結婚式ダイエットで注意してもらいたいポイントについてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?実際に私も準備の点では後悔したポイントがいくつかありましたが、当日はとても楽しく思い出に残る1日になりました。

これを読んでいる方が、少しでも素敵な結婚式を迎えられることを願っています。

The following two tabs change content below.
峰 奈津季
管理栄養士、薬膳コーディネーター。医療系食品メーカーで営業を経験。フードユニット「ちゃあみー」として料理教室のサポートやフリーペーパーの栄養コラム執筆などを行う。簡単自炊ごはん #峰飯 をinstagramに更新中。