管理栄養士による食事管理サポートのメリット・デメリットについて

弊社のダイエットサポート体制について

弊社のダイエットサポートへのお申し込みをいただく方の属性は幅広いのですが、共通していることは“自己流でダイエットしてみたものの結果が出ない”“自己流だからこれで正しいのかがわからない”というお悩みです。また“自分ひとりだと頑張る気力が続かないからモチベーション維持ができるように支えてほしい”ともご相談を受けます。

そこで弊社は、そんなお悩みに応えるべく“お客様一人ひとりに担当管理栄養士がつき、2ヶ月間みっちりサポートをさせていただく”仕組みです。

一人の管理栄養士が一人のお客様に対して最初のカウンセリングから、継続した毎日の食事内容や体重経過、中間カウンセリング、そして最終カウンセリングまで一貫して担当することで二人三脚の体制が確立されています。

 

自己流ダイエットのメリットとデメリット

メリット

これは“コストがかからない”でしょうか。ネットで調べれば今の世の中は情報がタダで手に入ることも多いですのできちんと勉強したら自分ひとりでもダイエットをすることは可能かもしれません。

デメリット

1のメリットでは“自己流ダイエットをするとコストは抑えることができる”と例をあげてみましたが、ダイエットをするにあたりコストだけを重視してよいのでしょうか?
巷にあふれるダイエット情報。確かに検索すればネットでタダで調べることも容易ですし、TVをつければ流れてくる健康番組の数々。しかしそのダイエット方法、本当にあなたの体に合っていますか?また正しい情報でしょうか?

管理栄養士=専門家のサポートを受けるメリットとデメリット

メリット

食の専門家である管理栄養士。管理栄養士は大学4年間でみっちり食や栄養の勉強をして、卒業後に国家試験を受験し取得します。また卒業後も学会や研修会などに参加し、常に勉強をする環境にいます。いわゆる“食のプロ”です。

しかし、やはり管理栄養士といえ一人ひとり仕事の経験値や勉強量などは違いますので可能ならばいくつか食に関する質問をしてみるといいかと思います。そこでしっかりと医学的な根拠をもとに回答してくれる管理栄養士をサポーターに選ぶとよいでしょう。

デメリット

やはりこれはコストの問題が一番でしょうか。しかし、情報が溢れる世の中だからこそ、しかもダイエットは自分の体のことなので“本当にこの情報は安全なのか?”ということに一度立ち止まって考えてほしいと思います。そして私自身、例えば家電が壊れたら家電屋さんに直してもらったり、お金の相談はFPに相談したりと、困った時は各ジャンルの専門家にお願いしています。

ですので食やダイエットのことは手前味噌で恐縮ですがやはり専門家である管理栄養士に頼るのは安全で賢い選択だと思っています。

まとめ

今の世の中はネットでいくらでも情報を拾うことができる時代です。本屋にいけばさまざまなダイエットの本もあります。しかし、そのダイエット方法が“自分に合っているか”ということまではなかなか判断しづらいと思われます。そこで、食やダイエットの専門家である管理栄養士に頼って頂き、安全で健康的にダイエットをされることをおすすめします。

The following two tabs change content below.
高岡 由貴
高岡 由貴
管理栄養士/ダイエット検定1級/薬膳アドバイザー他 大学卒業後は医療法人へ就職し4年間で述べ2000人の患者様の栄養プラン作成を担当。その後は乳製品メーカーへ転職し年間100回以上の食育・料理講師を勤める。現在は一児の母でもあり、フリーランスでダイエットサポート・レシピ開発・コラム執筆など様々な栄養の仕事をしている。