今だからこそ知りたい!レコーディングダイエット

一時期流行したレコーディングダイエット。もう古いと思っていませんか?実は、レコーディングダイエットは今も食事記録などと名前を変えて使われているダイエット方法です。書くのが面倒で食べる量が減らせるというイメージを持たれている方が多いですが、レコーディングダイエットには他にも様々なメリットがあります。今回はレコーディングダイエットのメリットと使い方についてご紹介します。

 

レコーディングダイエットとは?

レコーディングダイエットとは食べたものやこれから食べるものを手帳や日記、スマートフォンなどに記録して、食事を管理するダイエット方法です。以前は紙に書くものが一般的でしたが、最近はアプリで管理できるものもたくさんあり、一緒に体重や運動量が記録できるものや写真を撮ったり、メニューを選択するだけでカロリーや栄養の過不足をチェックしてくれるものもあります。

 

レコーディングダイエットのメリット

レコーディングダイエットは確かに記録づけをするのが面倒だから、食べない方を選ぶという食事量を減らすことで減量することもできます。しかし、それ以上にダイエットをする際に記録づけをすることのメリットは、自分を知ることが出来るということです。

①自分が今どんな食事を摂理、運動習慣を持っているか。

②その食事が運動が体重や身体にどのように影響しているか。

この2つを知ることはダイエットにおいてとても重要です。

 

外食やイベントが続いていませんか?

なんとなく日々の生活を過ごしていると、ついイベントや外食が立て続いているということはよくあります。ただ、意外とそれに気づいていないことが多いところが問題で、気づくと体重が増えていたという結果になってしまいます。記録をつけていると、日々の体重や食事に意識が向くため、早い段階で調整がしやすくなります。

 

その食事や運動習慣、体質に合っていますか?

実は、私たちの身体は遺伝子によって「糖質で太りやすいタイプ」「脂質で太りやすいタイプ」など栄養素の代謝に若干の違いがあります。どちらも食べ過ぎてしまえば体重を増やす原因となる栄養素ですが、どちらにより注意をするべきなのか食事内容と体重の変化を照らし合わせることで知ることができます。他にも「筋肉がつきづらい」「運動が効果的」「お酒でむくみやすい」など、自分の身体について様々なことを知ることが出来ます。

 

レコーディングダイエットの正しい使い方

では、なぜレコーディングダイエットが効果のないものに思われてしまうことがあるのでしょうか。それは、レコーディングしたデータを正しく使えていないことがポイントです。

レコーディングダイエットをしていると、記録づけをしたところで満足してしまうことが多々あります。しかし、これはテスト前にノートを綺麗に清書して満足してしまうのと同じです。そのノートを使って勉強しないとテストの点数はアップしませんよね。レコーディングダイエットもつけた記録をその後の生活に反映させることで効果を発揮します。

「最近外食が続いているから、しばらく約束は控えよう。」または、「少し運動量を増やそう。」

「こういう食事を摂ったときに体重が増えやすいから、なるべく避けよう。」

というように、記録から知ったことを行動にしていくことが大切です。記録からの分析が難しい場合は管理栄養士など専門家を頼って見ることもおすすめです。せっかくつけた記録が無駄にならないようにしっかり振り返る習慣をつけてみましょう。

 

The following two tabs change content below.
今井菜穂子
管理栄養士歴5年 栄養指導歴5年 食事・生活習慣・メンタルをトータルで 栄養指導を行います。 生活リズムやお仕事に合わせた無理のない 健康的なダイエット方法で、 一緒に理想の身体を手にしましょう! 美容にご興味のある方は、 そちらも合わせて指導も致します♪