置き換えダイエットで気をつけるべき3つのポイント

世の中にはさまざまなダイエット方法があります。

その中でも「置き換えダイエット」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

これは、普段の食事を低カロリー食品に置き換えることで、摂取エネルギー量を抑える方法です。

手軽に行うことができ、また効果も出やすいことから人気のあるダイエット方法のひとつです。

今回は、そんな「置き換えダイエット」を行う上で気をつけてもらいたい点についてお話します。

気をつけるポイント①栄養不足になっていないか

食事を低カロリー食品に置き換えることで、摂取エネルギー量を減らすことはできますが、それ以外の必要な栄養を補うことはできません。

また、置き換え以外の食事が偏っている場合も同様です。栄養不足に陥ったままだと、筋肉量が落ちてしまい、代謝が鈍り、痩せにくいカラダになってしまうことがあります。

摂取エネルギー量を落とすことだけに目を向けるのではなく、不足しがちなビタミン・ミネラルやたんぱく質をしっかり摂ることを意識してみましょう。

置き換えダイエット食品を選ぶとき、どんな栄養素が含まれているのかを確認してみるのもいいですね。

気をつけるポイント②続けられるものかどうか

置き換えダイエットは、無理なく続けられるかどうかがとても重要です。

極端に食事量を減らしてしまうと空腹状態を引き起こしてしまい、そのストレスからドカ食いや間食が増えてしまい、リバウンドしやすくなってしまいます。置き換えダイエット食品はさまざまな種類がありますが、まずは自分が美味しいと感じるかどうかが重要です。

普段の食事においても同じことですが、美味しいと思えないものを続けることはすごく難しいことだと思います。

また、味がひとつだけだと途中で飽きてしまうため、いろんな味や種類を試し、レパートリーを持っておくことも大切です。

空腹を感じにくくする工夫として、食物繊維などが多く含まれているものを選ぶのもいいでしょう。

気をつけるポイント③適度な運動を心がける

これは、置き換えダイエットに限らず言えることですが、カラダを動かすということは気にしていただきたいポイントです。

前述でもお話していますが、筋肉が落ちてしまいますと、脂肪がつきやすいカラダになってしまいます。

消費エネルギーを増やすための激しい運動、というイメージよりも筋肉を落とさないための運動というイメージです。筋トレやストレッチ、ウォーキングなどを無理のない程度で行うことをオススメします。

まとめ

手軽に行える「置き換えダイエット」ですが、間違った方法で行うとリバウンドしてしまうことがあります。また、置き換えダイエットでおろそかになりがちなのが、置き換え以外の食生活です。まずは、バランス良く食べるということを意識して今の食生活を見直してみましょう。正しい知識を身につけて、自分のなりたい理想の体型を目指して頑張りましょう。

The following two tabs change content below.
峰 奈津季
管理栄養士、薬膳コーディネーター。医療系食品メーカーで営業を経験。フードユニット「ちゃあみー」として料理教室のサポートやフリーペーパーの栄養コラム執筆などを行う。簡単自炊ごはん #峰飯 をinstagramに更新中。